広島での短期アルバイトは人生の勉強

広島での短期アルバイトは人生の勉強

さて、広島で働くことの考え方というのは、人それぞれのことです。

そんな広島での働き方の考え方は人それぞれだと感じますが、私の場合はもう、自分の為に働くことをもうやめて、家族のために働いている感じなので、短期でアルバイトできるということは、フルタイムで働かなくてもいいのかなとか感じてしまいます。

しかしながら、働くと言うことは、短期アルバイトだろうが長期アルバイトだろうが、結局大変なことには間違いありません。

結局のところ、短い仕事だろうが、長い仕事だろうが自らが認める仕事でなければ疲れてしまうことは間違いありません。

しかしながらこう考えてはいかがでしょう。

人生において人は自分が満足する仕事に出会うことは不可能なのです。

変な言い方をすると満足しないことが満足を得る秘訣であるとさえ言えます。

そうです、人は常に向上することに喜びを得るので、満足することはそこでストップするということに他なりません。

そうです、満足することがない仕事で働けていること自体が幸せなことなのです。

広島での短期アルバイトと働く人生考察

広島という街は戦争の爪痕を大いに残している、記念碑が数多く存在する街です。

そんな広島の記念碑は未来永劫語り継いで行かなければなりません。

私なども小学生のころ、修学旅行で広島を訪れたことが、今でも深い記憶として残っております。

そしてそんな広島での短期アルバイトは、人生に大きな教訓を残すのではないでしょうか。

人生において仕事とは労働とは、対価を得るためだけに行うのでしょうか。

いいえそうではありません。

人生において労働とは言わば修行なのです。

短期アルバイトにおきましてもこの理念が変わることはないでしょう。

仕事するのが楽しいと言ってる人は、今後益々、そのウェイトを上げることをお勧めいたします。

と言いますのも、楽しいなんて言ってる人は仕事の神髄に触れていません。

もう二度としたくないと思えることを一度でも乗り越えない限り、それは仕事とはいえません。

これはネガティブなことを言っているのではありません。

人生においてこの苦しみは必ず必要なことなのです。

桜というのは、花が咲く前に一度必ず極寒にさらされなければいけません。

人もこれと同じことが言えるのです。

そんな修行の場に広島を選ぶのは非常にふさわしいことです。

教訓の塊のこの街は必ず私たちを成長させてくれます。